副作用や対処の方法などの案内をしています。

抗生物質の特徴と種類についてと、抗生物質の効き方について

抗生物質は、細菌性の感染症の治療に用いられる薬で、それぞれの細菌に対して、増殖や生存ができないように作用するものです。
生存できないというのは、細菌の細胞自体を破壊する働きがあり、それが細胞壁だったり、細胞が持つたんぱく質だったりするものの、細胞が増殖に必要な状態を維持できないように働きかけるものです。

この抗生物質の特徴にはどのようなものがあるのでしょうか。

■抗生物質の特徴とは?

抗生物質は微生物が生産した化学物質のことをいいます。
似たような存在に抗菌薬がありますが、抗菌薬は人工の化学物質と合成されているものなので、種類が違います。
厳密には抗菌薬という大きなカテゴリの中に抗生物質というフォルダがあるようなものですが、抗生物質はその扱い方や効果があるものに対して限定的なこともあります。

抗生物質は適応している病気がたくさんあります。
これは細菌性の病気の数が多いことに関係していて、細菌性の感染症の治療のために使用されます。
そのため、ウイルス性の病気の治療には使用されません。

ウイルス性の病気には抗ウイルス剤などが使用されるために抗生物質が使用されることは少ないものの、使い方としては、ウイルス性の病気の後に細菌性の感染症にかかる可能性がある場合、予防的に使用されることもあります。

用途がさまざまなので、場合によってはドクターの指導を聞かないで、中途半端に服薬をやめる人がいますが、それは自分の体のためにも、細菌のためにも良くありません。

■抗生物質は自分の体質との相性を知り、飲み切るようにすること

抗生物質はいくつかの種類があり、その種類によっては自分の体に合わないことがあります。
体質によってはアレルギー反応を起こすことがあるので、自分の体のことも抗生物質についても正しく理解しておく必要があります。

仮に自分の体に合わないとわかったときに、ドクターから処方されたからといって無理に飲み続けるようなことはしてはいけません。
必ずおかしいと思った時点で相談して、変更できるときは変更することが大切です。

また、自分の体に合う抗生物質で、治療薬としても効果を感じられる場合、その抗生物質は処方された分だけしっかりと飲み切るようにします。
あと1日分の抗生物質が残っている状態で、体調が回復したからといって服薬を中止することは絶対にNG行為です。

抗生物質が体内でどれくらいの濃度を保つか、その状態をどれくらいの日数や時間で保っていられたか、それによって治療効果が大きく変化しますし、細菌を死滅させることにつながるからです。
他の対処療法の薬は服薬をやめたとしても、抗生物質だけはしっかりと飲み切ることが基本となります。

■抗生物質はいろいろな種類がある

抗生物質はいろいろな種類があり、その数は細かく分類すればするほどたくさん出てきます。
しかし、抗生物質の数がどんなに豊富でも、その使い方を正さないとしっかりと治療薬として効果を発揮してくれません。
その効果を発揮してもらうには、先に述べたように気を付けることも多くあるので、それらを厳守する必要があります。

また、細菌によっては絶対的に効果のある抗生物質と、そうではない抗生物質に分かれます。
抗生物質の種類が豊富だからこそ、効果的に利用することが望ましいため、自己判断で抗生物質を選ぶようなことはしないで、ドクターの指示、指導に従って服薬するようにしなければならないと言えます。

アーカイブ